資料請求は
こちらから
授業見学申込は
こちらから
FCお問合せは
こちらから
セミナー実績
紹介はこちら

Robloxについて

より本格的なプログラミングに挑戦しよう!

Robloxについて

Scratchやマイクラッチの次はこれだ!
より本格的なプログラミングに挑戦しよう!!

Robloxとは、独自の3Dゲームをプログラミング制作でき、制作したゲームを世界に共有することのできる全世界ユーザー数が約1.5億人の大人気ゲーム制作プラットフォームです。
Robloxでは、Scratchやマイクラッチとは違い英文コードを入力して本格的なプログラミングを学びます。
Scratchやマイクラッチをマスターした皆さんの次のステップに最適のカリキュラムとなっています!

Robloxで学ぶとは?

Robloxは“遊び“よりも“学び“として主に使われているため、楽しく学習するという目的にはぴったりです。
本コースでは、ゲームを作り、作ったものを世界に公開する過程でプログラミング・ゲームデザイン、そしてその制作物をゲーム内で販売することで利益を生むクリエイターとしてのビジネススキルも同時に学ぶことができます。
また、日本語対応がまだされていない部分については訳語リストをお送りしますので、英語学習にもご活用いただけます。
Robloxについて詳しくこちら

このコースで身につく力

考える力

考える力

プログラミングは、デジタル上の命令に対して動きが決定されるため、物事を順序立てて考え、ロジカルに捉える思考力が身に付きます。

造る力

造る力

自分だけのアイディアや新しいコンセプトをデジタル上で表現することができるので、無限に広がる柔軟な発想により創造力が養われます。

伝える力

伝える力

毎年行われる発表会やコンテストを通して自分の考えを分かりやすく魅力的に伝える力を育みます。 自らが発信者となる事は、自分の考えをカタチに変える重要な要素になります。

D-SCHOOL北海道では、全コースを通じてこれからの社会に求められる
「思考力」・「創造力」・「想像力」・「集中力」等の力を養うカリキュラムを提供しています。

どんな事を学ぶの??
ミッションを一部ご紹介!

  • ミッション1

    アスレチックで冒険!(前編)

    アスレチックで冒険!(前編)

    まずはRobloxでのゲームの作り方を学び、スタート・ゴールの判定を作りながらステージを作成し、アスレチックゲームを制作していきます。

  • ミッション2

    アスレチックで冒険!(後編)

    アスレチックで冒険!(後編)

    前編で制作したゲームに障害物などの要素を加えてより面白いゲームに仕上げていきます。

  • ミッション3

    レッツ・ショッピング!(前編)

    レッツ・ショッピング!(前編)

    自動販売機を自分でモデリングし、コインを拾って買い物をするゲームの流れを作っていきます。

  • ミッション4

    レッツ・ショッピング!(後編)

    レッツ・ショッピング!(後編)

    UIやNPCとの会話を作り、買い物できる種類を増やすことでゲームとしてより面白くアレンジしていきます。

  • ミッション5

    シューティングアタック!(前編)

    シューティングアタック!(前編)

    ワールドを0から作り上げ、的を当てるゲームを制作していきます。

  • ミッション6

    シューティングアタック!(後編)

    シューティングアタック!(後編)

    どこに的を置くとよりゲームが面白くなるかを頭使って試行錯誤しながら本格的な3Dゲーム制作を体験していきます。

    開発者紹介

    D-SCHOOLプログラマー

    今澄亮太(いまずみ りょうた)

    筑波⼤学⼤学院システム情報⼯学研究科知能機能システム専攻卒業。
    在学中はVRゲームを開発。卒業後は株式会社カプコンに就職し、
    ゲームエンジン開発に携わるとともに、⼈材育成も担当。
    現在はゲーム制作やプログラミングの知⾒を⽣かした
    教育コンテンツの制作も⾏う。

    phone arrow-right arrow-down mail